こんな日が来るとは

大陸の翻訳会社のほうが高単価で求人を出している。

取引実績のある国内のどこよりも高い。
目にした案件の募集分野に限れば相場の倍額だ。
(そもそも分野を限った求人自体あまりないが)

昔は「大陸(の人)なら安く使える」と聞いていた。
翻訳会社の経営者の講演でも、だ。
必要な生活費が少なくてすむから云々。
それが遂に逆転したということか。

気になるのは、和訳だということ。
つまり最終読者、消費者は日本人のはずだ。
下請け料金が高ければ最終製品も高いだろう。
その高い製品を買う原資は期待できるのか?

卑小な話、翻訳料金の支払いは確実なのだろうか。
だとしたら消費税の納税に悩む必要がなくなる。
そもそも国際取引に消費税は課税されない。

複雑な気分で手を拱いている。

恐らく巡るもの

インターネット経由でニュースを見ていると広告が目に付く。
内容以前に表示されている文字列からして不快なものも多い。
そしてそれぞれが商品内容に関わらず酷似している。
特定の雛形に商品の特性らしきものを埋めているようだ。
どうやら「アフィリエイター」の「仕事」らしい。
広告宣伝のプロではない人々が二束三文で書いている。
なるほど「マニュアル作業」なら量産も頷ける。

“恐らく巡るもの” の続きを読む

変わらなくていいもの

冷蔵庫から異音がするので買い換えることになった。
今はなきサンヨー製なので諦めもつく。
実は引っ越し直前にオーブンレンジも買い換えている。
その時の教訓で、冷蔵庫は実物を見て検討することに。
(カタログ情報で使い勝手は分からない)

家電量販店で各社製品を比較して回った。
自動製氷、除菌、保湿、ネット接続。
我が家の冷蔵庫が多機能である必要はない。
むしろ自動製氷などは夜うるさいので余計だ。
「つながる」機能も使い道が分からない。
Webカメラ搭載で内容物が監視できるなら別だが。
そう考えていくと現状維持に帰結する。
設置場所の都合で容量も変えようがない。
迷う特性は扉の開き方向ぐらいのものだった。
それとても、両開きに2万の差額を出す気にはならない。
他にも付加価値は盛り込まれていたが魅力ではなかった。

結局AQUAの一番シンプルな機種を購入。
付加価値はあればいいというものではないなと思った。