「になります」言葉

一昔前、「こちら~になります」という言い方がやたら糾弾されていた。
ふと思ったのだが、もしかして由来は中国語ではないだろうか。
動詞としての「為」は通常「~とする」、「~とみなす」と訳しているが、書き言葉では「~である」の意味だったりする。
なので、丁寧に(言っているつもりで)「此為~」と考えて「こちら~になります」
……な訳ないか。

“「になります」言葉” への2件の返信

  1. 面白い仮説ですが 🙂
    以前、この「~になります」文体が多用されている訳文に遭遇したことがあります。それほどの浸透力があったのかと驚きました。

  2. >この「~になります」文体が多用されている訳文
    >
    原文が英語だったらすごいことですね(違う)。
    パロール→身体化した言語→ラング、の好例でしょうか。

baldhatter にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です